派遣に向く人、向かない人

世の中の流れは確実に年々変わってきています。これはワークスタイルも同じこと。

 

 

たとえば『正社員から派遣にシフトしている仕事がとても多くなっていること。』そして、『会社のためにとがむしゃらに働くことを拒み、自分らしいライフスタイルをお止めている人が増えていること。』などもその例のひとつになります。

 

 

だからといって誰しもが派遣社員をはじめ続けられるかというと、やはり、派遣社員に
向いている人もいれば、向いていない人もいるんですよね。では、いったいどんな人が派遣社員に向いていて、どんな人が派遣社員に向いてはいないのでしょう?

 

 

『派遣社員に向いている人』のはこんな人です。

 

 

(1)変化にそれなりの対応ができる人

 

環境の変化にすんなりと対応ができる人はかなり、素質があると思います。紹介してもらった職場や仕事内容に臨機応変にすんなり対応できれば、どこの職場に派遣されても不安は少ないですしね。だからといって完璧でなくても”ある程度”適応できればでそれで大丈夫ですよ〜。

 

(2) 自分のフリー時間を確保したい人

 

自分の自由時間をフリーに使いたいという人も派遣社員のワークスタイルに向いていますね。職種によっては「1ヶ月間だけ働きたい」「週4日勤務がいい」などさまざまな希望が可能です。あいた時間に専門の勉強をしたい、とか、趣味に没頭したい人は会社にしばられることなく時間を自由につかえるでしょう。

 

(3)色々な経験を積みたい人

 

派遣社員として登録すれば、いろいろな仕事が経験できるチャンスをもらえます。さまざまな仕事を経験することで本当に自分にあった職種や仕事がみつかるかもしれません。そこで出会った人との縁が今後の人脈につながることも多いのも狙い目かも〜!

 

 

逆に『派遣社員に向いていない人』とは…?

 

「会社に縛られない自由なワークスタイルだから、派遣社員はお気楽。正社員にくらべてラクちんだわ〜」なんて甘くみて派遣社員になろうとしている人は、その考えを改めた方がいいかも・・・。

 

企業が求めている派遣社員のレベルはそれぞれ違います。でも、入ってすぐに即戦力として働いてほしいと思って採用しているところって多いと思うんです。

 

以前、「派遣の品格」というドラマがありましたが、その中でも”派遣はしょせんお気楽”そのような考え方が問題化されていました。

 

「職場がいやなら止めてしまえばいいだけのこと」なんてわがままな考えですぐに職場を変えていき、最後にはまったく紹介してもらえなくなったというというケースもあります。

 

やっぱり、仕事は仕事。仕事を一生懸命するスタイルには派遣も正社員も変わりないんですよね。派遣社員だから、といって正社員よりも仕事をおろそかにしていてはダメなんです。

 

 

「派遣はお気楽だから」とか「正社員よりも仕事はテキトーでいい」という甘い考えをもっている人は、派遣社員は向かないので登録は控えておいた方がいいでしょう。

関連記事

派遣の基礎知識

派遣のメリット・デメリット

「派遣会社」を探そう、選ぼう

派遣情報サイトでしごと探し

「派遣」の待遇と福利厚生

派遣ライフを楽しもう!

派遣にやくだつ”便利グッズ”たち

どうして?なぜ?「派遣」の疑問

「スキルアップ」で時給アップ!

派遣おススメ書籍たち

最新記事

 
派遣のお仕事講座 > 派遣の基礎知識 > 派遣に向く人、向かない人
Copyright  派遣のお仕事講座  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析